2011年07月11日

Windows7でDRM障害

 最近IEの動作が遅く、JavaScriptでユーザー側のブラウザににランダムな広告を出させるために大量の処理をさせる朝日新聞やwebCGなどのサイトが増えており、余りにもむかつくので制限付きサイトに加えて、不自由になるのを覚悟でJavaScriptとFlashを無効にして使っていたが、LGA1366の|Core i7-970が5万円を切り始め、やっと手が届く範囲になったので全体的なパフォーマンスアップを図るためにネックだったCPUをi7-920からi7-970へ、システムHDDをHitachiのDeskstar2TBからCrucial SSD m4 512GB,MLC(CT512M4SSD2)に変更した。(i7-970購入直後にほぼ同じ値段でi7-980が発売となり悔しい思いをした)
 CPUは簡単に交換できるだろう思っていたら、970は920と違いバックプレートが必要なのでマザーボードから全部外してバックプレートを付ける作業が発生しかなり面倒。しかも、intelの説明書は簡単な絵しか載っていないので分かりづらくかなり不親切だった。HDDからSSDへはアーク情報システムのHD革命/CopyDrive Ver.4を使って楽々終了したが、再起動後BIOSでSSDを起動ドライブに指定してもWindows7 64bit 起動時に一応起動はするが毎度エラーが出てリターンキーを押す必要がありかなりうるさい上に面倒。これはWindowsのインストールディスクの 「コンピュータを修復する」機能で修復可能であった。
 システムのパフォーマンスはかなりアップした。CPUよりもHDDをSSDに交換したことによる物が大きいかも知れない。Windows 7のエクスペリエンス・インデックス(WEI)はCPUが7.3ぐらいが7.7へ、HDは4.3が7.3へと快適化した。スリープへの移行やスリープからの回復もかなり快適になった。メモリは12GBだがHDDに書き込んだり、メモリに読み戻すのに時間が掛かりイライラしていたがストレスフリーになった。かなり満足していたところ新たな問題が・・・
 DigiOnのDiXiM Digital TV plusを使ってリビングPanasonic のDiga DMR-BWT3100 の録画番組を見ていたのだが再生できずエラー80070057がでてしまう。DiXiM Digital TV plusを再インストールしても状況は変わらずネット検索にてCPUなどのハードウェア交換によりDRM情報のエラーが発生していることが判明し ここ を参考にDRMを初期化。しかし、このページやMicrosoftのページにも書いていない落とし穴があり、Windows7用のダウンロードしたResetDRM.exeを右クリックして管理者として実行してもなぜかこのツールはVistaとXPにしか使えないと英語で表示が出て終了するばかり。ダメ元で右クリックしてプロパティの互換性タブの互換モードでこのプログラムを実行するをチェックしてWindows7を選び適応をクリック、再度右クリックで管理者として実行を押すと今度は無事に作動し、DRMを初期化するが再生できなくなる物があるかも知れないけど良いのかと聞いてくるのでOKを押して初期化終了。すると、無事DiXiM Digital TV plusにて再びDiga DMR-BWT3100の録画番組がパソコンで再生できるようになった。何でもっとわかりやすいエラー表示にしてくれないんだろうDigiOnさん・・・Microsoftもパーツ交換でDRMの初期化は良く起きる事だと思うのでもっと簡単にできるようにして頂きたい。あー、無駄に時間を費やしてむかついた。
posted by Rambling Errata at 01:39| Comment(1) | パソコン
この記事へのコメント
まさに同じ症状で、googleからたどり着きました。
半日悩んだ結果、このページで救われました。
ありがとうございました。
Posted by ひでお at 2012年01月14日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。